エネチェンジ限定特典で
普通に申し込むよりおトク。
エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン テレワーク応援で限定特典も! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
引越し先での電気の手続き
  1. 高圧電力契約のできる新電力を比較

電力自由化が本格化 高圧電力の新電力もますます選びやすい時代に

新電力とは、既存の大手電力会社である旧一般電気事業者(北海道電力、東北電力、東京電力、北陸電力、中部電力、 関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力)とは別の、小売電気事業者のことです。

2016年の自由化までは特定規模電気事業者(PPS:Power Producer and Supplier)と呼ばれていましたが、電力小売全面自由化に伴い、特定規模電気事業者(PPS)という名称は消え、一般電気事業者とひとくくりで小売電気事業者となりました。
自由化前の電力市場は、各地域の電力会社10社によって独占されていましたが、2000年の改正電気事業法により部分的に市場が開放され始めたことで、商社や石油会社、ガス会社などが相次いで新電力として参入しています。

エネチェンジBizはこうした新電力と提携。20数社の提携先の中から貴社のニーズにマッチした電力会社をご紹介します。

法人の電気代削減サービスエネチェンジBizなら
90%以上のお客様が
今よりも電気代が安くなる結果に!
電気代一括見積りフォーム
複数の電力会社から
自社にぴったりな電力会社が選べます
ご契約中の電力会社
ご契約中の電圧区分
貴社名
お電話番号
ご担当者のお名前
メールアドレス
利用規約」「個人情報の取扱いについて」に同意のうえ、送信ください。
ご家庭の電気料金比較はこちら 高圧電力と低圧電力の違いとは?

電力自由化で選べる
高圧の法人向け新電力会社

電力自由化により、これまでは選べなかった電力会社を選べるようになりました。低圧電力(主に家庭向け)が自由化されたのは2016年4月ですが、電力自由化のはじまりは特別高圧が自由化された2000年3月までさかのぼります。いまや電力会社の切り替えは常識となり、多くの法人、個人のみなさまが電力会社の切り替えにより電気代を見直しています。

新電力には、下記のような会社があります。

株式会社エネット
株式会社エネットは2000年にNTTファシリティーズ、東京ガス、大阪ガスが共同で出資して設立した新電力です。年間約110億kWhの電気を供給する(2015年3月時点)、新電力の中では一番のシェアを獲得しています。
株式会社エネットの情報を見てみる
中央電力株式会社
中央電力株式会社は1994年に設立され、マンション一括受電サービスを中心としてシェアを伸ばしている企業です。マンション一括受電では導入実績が15万戸を突破し(2016年2月)、40%以上という一番のシェアを獲得しています(2012年度)。
中央電力株式会社の情報を見てみる
Looop
株式会社Looopは2011年に設立された企業です。設立当初は太陽光発電キットの販売を中心に事業を行っていましたが、2015年7月の小売電気事業開始から急速にシェアを伸ばしており、2016年4月の低圧電力の自由化に合わせて低圧の市場にも参入し家庭向けへの電力供給にも力を入れています。
株式会社Looopの情報を見てみる
株式会社F-Power
株式会社F-Powerは2009年に株式会社ファーストエスコが電力事業を分割して設立された会社です。電力供給エリアは沖縄を除く全国に広がり、新電力の中では二番目のシェアを獲得しています(2015年3月時点)。また、2010年に設立されたF-Powerの100%出資子会社のG-PowerはCO2フリーの電力を供給している会社として注目されています。
株式会社F-Powerの情報を見てみる

電気の切り替えに関する法人の課題を解決します

固定費である電気代を
手軽に削減したい

電力会社やプランによって、電気代の単価(基本料金単価・従量料金単価)は様々。自社に最適なプランに切り替えることで、さらなる電気代削減が可能になります。

設備投資や特別なノウハウを
必要としない手段を選びたい

省エネ・節電などのノウハウ、設備投資などは必要ありません。誰もができる電気代削減手法です。

特に以下の条件に当てはまる場合は、ぜひ電力会社の切り替えをご検討ください。

  • 電気を多く使う施設(病院や診療所、介護・福祉施設、製造工場、整備工場、オフィス・事務所、店舗、酒造会社、リサイクル業、ショールーム、倉庫など)や設備をお持ちの法人
  • まだ一度も電力会社を選んだことのない方、または久しぶりに見直しをされる方
  • マンション管理組合や自治体、不動産会社など
  • 年間電気料金が100万円以上の法人
  • 複数の店舗・施設をお持ちの法人
  • 「高圧電力」を契約されている法人

法人・高圧の電気の切り替えは、
エネチェンジBizにご相談ください

1

複数の電力会社から
一括見積

エネチェンジBizは20社以上の電力会社と提携。複数社から一括で見積もりを取得。より多くのプランの中からご希望のものをお選びいただけます。

2

完全無料

手数料は一切いただきません。切り替えていただくと電力会社からエネチェンジBizにフィーが支払われるモデルのためです。

3

簡単手続き

必要な手続きは御社の代わりにエネチェンジBizが代行。最短2ヵ月での切り替えが可能です。

エネチェンジBizによる切替実績は3万件以上。
これまで9割以上のお客様が電気代削減に成功。
削減率は平均15%に上ります。

東京都調布市 株式会社調布みつぎ不動産研究所さま

  • 不動産

株式会社調布みつぎ不動産研究所さま

年間250万円(7.2%)削減予定

現在3,457万円→削減後(予定)3,207万円

事例の詳細を読む

埼玉県上尾市 株式会社フォーネット社さま

  • 製本工場

年間437万円(6.43%)削減予定

現在6,791万円→削減後(予定)6,354万円

事例の詳細を読む

神奈川県横須賀市 株式会社ユニマットプレシャスさま

  • マリーナ

年間280万円(8.36%)削減予定

現在3,350万円→削減後(予定)3,070万円

事例の詳細を読む

静岡県掛川市 トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社さま

  • 物流センター

年間367万円(8.75%)削減予定

現在4,197万円→削減後(予定)3,830万円

事例の詳細を読む

福岡県糸島市 初潮旅館さま

  • 旅館

年間40万円(12.62%)削減予定

現在317万円→削減後(予定)277万円

事例の詳細を読む

愛知県西尾市 株式会社光南さま

  • 製造工場

年間133万円(5.77%)削減予定

現在2,304万円→削減後(予定)2,171万円

事例の詳細を読む

岡山県浅口市 医療法人福島医院さま

  • 医院・介護施設

年間60万円(4.20%)削減予定

現在1,300万円→削減後(予定)1,240万円

事例の詳細を読む

東京都台東区 株式会社エフ・ビー・エムさま

  • オフィスビル

年間707万円(11.62%)削減予定

現在6,085万円→削減後(予定)5,378万円

事例の詳細を読む

ビル・工場・病院・施設などお持ちの企業様
ご家庭の電気料金比較はこちら 高圧電力と低圧電力の違いとは?

法人向け新電力(PPS)のことをもっと知りたい

新電力による電力供給の仕組みは?

電力自由化後も、電気が供給される仕組みは変わりません。発電所で作られた電力は、送電線や変電所、配電線を経て各施設に供給されます。ただ新電力は、旧一般電気事業者と違い送電線を保有していないため、旧一般電気事業者が保有する送電網を通じて電力を供給しています。つまり新電力に切り替えても、発電所や送電網といった供給インフラは従来と変わりません。

新電力に切り替えたら停電が増える?

新電力に切り替えたとしても、前述のように供給インフラは変わりません。電力の主要部門(発電・送配電・小売)のうち、切り替えによって変わるのは小売部門のみのため、供給が不安定になったり停電が増えることはありません。

新電力の比較方法は?

エネチェンジBizでは、企業の電力使用状況にマッチしたプランの中から、基本料金単価(kw単価)もしくは従量料金単価(kWh単価)がより安いものをご紹介します。こうした電気料金の安さに加え、「電力会社の安定性を重視したい」「環境重視のプランを選びたい」といったご希望に合わせて絞り込んでいきます。

新電力に変える際のデメリットは?

当然ですが、自由化されて多くの企業が参入する以上、サポートや窓口対応などの品質は会社ごとに異なるため、適切な取引先を選ぶ必要があります。また現在の契約内容によっては契約期間や解約月が決められていたり、解約時に違約金が発生するものもあります。エネチェンジBizでは、新電力の選定プロセスや違約金の有無の確認なども含めた切替手続きを全面サポートいたします。

新電力のシェアは?

高圧電力の小売市場における電力自由化は2000年から順次行われてきましたが、2015年4月時点での新電力全体の販売シェアは6%弱程度でした。しかし、2016年4月の低圧の電力自由化が盛り上がると同時に高圧の市場も活性化し、2020年2月時点では約15%のシェアを獲得しています。

高圧電力・法人契約のできる新電力をエネチェンジで比較してみませんか?

みなさんの想像以上に、電力会社があって、驚かれたのではないでしょうか。
そんなたくさんのなかから電力会社を選ぶのって、大変ですよね。

エネチェンジBizであれば、コンサルタントが新電力を含む複数の電力会社を比較、
最適かつ最安の電気料金プランを紹介、電力会社切り替えのお手伝いをいたします。

ご利用はもちろん無料。ぜひお気軽にご相談ください。

ビル・工場・病院・施設などお持ちの企業様
ご家庭の電気料金比較はこちら 高圧電力と低圧電力の違いとは?