エネチェンジ限定特典で
普通に申し込むよりおトク。
エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
引越し先での電気の手続き
  1. 高圧電力契約のできる法人向け新電力を比較

\ 高圧の新電力を比較 /
高圧電力の電気料金をより安く!
法人向け切り替えノウハウを解説

約700社ある新電力のうち、600社以上が法人向けに高圧電力を供給しています。

新電力とは電力自由化後に小売市場に参入した電力会社のこと。
誰もが知る大手系列や独立系、自治体運営の新電力など、様々な電力会社があります。

高圧電力を供給している新電力のなかで、
より安い電力会社を安心して選ぶために必要な比較・検討のポイントを解説します。

エネチェンジBizは法人向けの電力会社比較サービス。
厳選された約30社の新電力の中から
貴社のニーズにマッチした電力会社をご紹介します。
サービスはすべて無料ですので、まずはお試し感覚でご登録ください。

法人の電気代削減サービスエネチェンジBizなら
70%以上のお客様が
今よりも電気代が安くなる結果に!
電気代一括見積りフォーム
複数の電力会社から
自社にぴったりな電力会社が選べます
ご契約中の電力会社
ご契約中の電圧区分
貴社名
お電話番号
ご担当者のお名前
メールアドレス
利用規約」「個人情報の取扱いについて」に同意のうえ、送信ください。

高圧電力とは?

法人の電力規模は、
低圧・高圧・特別高圧電力の3種類に分けられます。
そのうち高圧電力は、契約電力
50kW以上2,000kW未満の電力規模を指します。

法人向け新電力ランキング

高圧電力の市場には
どのような新電力があるのでしょうか?
まずは販売電力量ランキング一覧を見てみましょう。

高圧電力の販売電力量シェア(2020年度)

新電力 市場シェア(販売電力量)
テプコカスタマーサービス(株)11.2%
(株)エネット11.2%
ENEOS(株)4.2%
九電みらいエナジー (株)4.1%
(株)エナリス・パワー・マーケティング3.9%
(株)F-Power3.9%
丸紅新電力 (株)3.4%
出光興産 (株)3.1%
(株)シナジアパワー2.8%
エバーグリーン・マーケティング (株)2.7%
オリックス (株)2.5%
(株)関電エネルギーソリューション2.3%
ミツウロコグリーンエネルギー (株)2.3%
日本テクノ (株)2.2%
(株)ウエスト電力2.1%
(株)CDエナジーダイレクト2.1%
(株)ホープ1.7%
シン・エナジー (株)1.6%
サミットエナジー (株)1.6%
(株)新出光1.5%

出典:経済産業省 資源エネルギー庁「電力需要実績」を基にエネチェンジBiz編集

法人向け新電力には
どんな会社があるの?

新電力と一口にいっても様々な企業があります。
販売電力量上位の中から、一例をご紹介します。

テプコカスタマーサービス株式会社
テプコカスタマーサービス株式会社は、東京電力グループの新電力。2020年度の電力販売量は、高圧電力向けが1位、特別高圧電力向けが3位となるなど、法人向けでは国内大手となっています。
テプコカスタマーサービス株式会社の
情報を見てみる
株式会社エネット
株式会社エネットは2000年にNTTファシリティーズ、東京ガス、大阪ガスが共同で出資して設立した新電力です。2020年の販売電力量は、特別高圧電力向けが1位、高圧電力向けが2位。省エネサービス「Enneteye」を提供するなど、法人向けの省エネ事業にも力を入れています。
株式会社エネットの情報を見てみる
株式会社エナリス・パワー・マーケティング
株式会社エナリスは2010年の設立で、現在はKDDIグループの企業。新電力事業では、法人向けの電力供給に特化しており、2020年度の高圧電力販売量は国内5位と、新電力大手の一角を占めています。
株式会社エナリス・パワー・マーケティングの
情報を見てみる
株式会社関電エネルギーソリューション
株式会社関電エネルギーソリューションは、関西電力グループの新電力。2020年度の電力販売量は、高圧向けが12位となっています。
株式会社関電エネルギーソリューションの情報を見てみる

エネチェンジBizでは、
こんな高圧向け新電力が
見つかります

エネチェンジBizは全国の新電力の中から、
お客様に自信をもってお勧めできる30社を厳選。
お客様の電力使用状況やご希望などに応じて、
最適な新電力をご紹介します。

エネチェンジBizで見つかる
新電力の一例

  • 販売電力量が上位の大手新電力
  • 誰もが知る大手系列の新電力
  • 公共機関や官公庁への供給実績も多い新電力
  • 特定のエリアや業種に強い新電力
  • 創業から長い老舗の新電力 etc...

point1

どの電力会社を選んだとしても
供給される電気の質は
変わりません

どの電力会社を選んでも、これまでと同じ電気が届きます。電力会社を切り替えても、電力のインフラ(発電・送配電)部分は変わらないためです。

point2

電力の供給に支障が
出ることもありません

切り替え後に停電が増えるといったこともなく、これまで通り安定した電気の供給を受けることができます。

point3

万が一の場合の電力供給も
保障されています

エネチェンジBizがご紹介する電力会社の中で、倒産した例はございません。ただ万が一、ご契約中の電力会社が倒産した場合でも、次の電力会社へ切り替えるまでの間、電気が使えなくなることはありません。一般送配電事業者(例:東京電力パワーグリッドなど)が電気を届ける義務があるためです。

高圧の電気料金、
切り替えによる
電気代削減率は?

法人向け新電力の比較サービス
「エネチェンジBiz」が、
手がけた切替件数は約4万件。
これまでの電気代の削減額や削減率は次の通りです。

業種別(平均削減率)
業種 平均削減率
製造業16.7%
卸売業,小売業19.1%
医療,福祉18.4%
不動産業,物品賃貸業14.4%
サービス業 (他に分類されないもの)21.2%
宿泊業,飲食サービス業13.0%
生活関連サービス業,娯楽業17.2%
建設業17.3%
学術研究,専門・ 技術サービス業18.6%
運輸業,郵便業20.1%
電力規模別(平均削減額)
契約電力 平均削減額(年間)
50kW以下約29万円
50~100kW約69万円
100~300kW約136万円
300~500kW約310万円
500kW以上約1,200万円

高圧の法人向け新電力、
比較・検討のポイント

まずは電力会社を選ぶにあたって、
自社が抑えたい要件を明らかにしましょう。

とにかく削減額重視!

安心できる電力会社
を選びたい

環境に優しいプランも
検討したい

そうすると
見積りを依頼する電力会社を選ぶ際の
基準になるほか、
各社への提案依頼の前提条件を
そろえることができます。
提案依頼の前提条件がそろっていれば、
電力会社から受け取る見積もりを
横比較しやすくなります。

比較検討3つのポイント

point1

契約中の電力会社から
再度見積もりを取るのも
有効です

見積もりを依頼する電力会社を選ぶ際は、契約中の電力会社に声をかける余地もありそうです。複数の電力会社を比較検討した結果、契約中の電力プランの見直しが最も安くなったという電気代削減事例もあります。

point2

過去に見積もりを
取った企業でも
再度検討の余地があることも

また過去に見積もりを依頼したが十分な削減額を提示してもらえなかったという電力会社があったとしても、再度依頼する価値がある場合もあります。前回の依頼時と比べて自社の電力使用状況が変わった、もしくは電力会社のビジネス状況が変わった、などの要因 によって、より大きい削減額を引き出せることもあるからです。

point3

複数の新電力を比較。
ただし
しっかり検討できる範囲で

契約中の電力会社を含む複数社に見積もりを取得することが、電気代削減に有効です。ただあまりに多くの電力会社に依頼してしまうと、各社とのコミュニケーションが粗雑になってしまうほか、提案内容の管理が行き届かないといった問題も起こり得ます。電力会社との関係性も築きつつ、提案内容や諸条件などをしっかり精査できる範囲が理想でしょう。

新電力に切り替えて
電気代削減、
デメリットは?

新電力に切り替えるにあたって、
何らかのデメリットを懸念される方も
少なくありません。
特に新電力の信頼性や、
安定した電力供給の有無に関するご質問が
多い傾向にあります。
切り替えの「デメリット」として考えられがちな、
主要なご不安についてお答えします。

Q.電気代が安くなるということは、 電気の質が悪くなるのでは?

どの電力会社と契約しても、供給される電力の質は全く同じです。より安い電力プランに切り替えたからといって、停電になりやすくなる等の弊害が起こることもありません。切り替えによって変わるのは、電気を販売する小売事業者のみ。電力インフラを担当する発電・送配電事業者は変わらないためです。

Q.切り替え先の新電力が倒産したら?

エネチェンジBizがご紹介する電力会社の中で、倒産した例はまだございません。ただ万が一倒産する場合でも、電力会社から事前に通知が届くため、新たな電力会社を探す猶予期間が設けられます。新たな電力会社への切り替えも、再度全力でサポート致しますのでご安心ください。

Q. 電力会社を切り替える際、 解約時の違約金がかかるのでは?

仰る通り、契約する電力会社によっては、解約時に「違約金」が発生することがあるため、約款等に目を通しておく必要があります。違約金発生の代表的な例に、契約期間満了前に解約をした場合などがありますが、「違約金が発生するが御社にとって最適な電力会社」・「違約金のしばりがない電力会社」などの希望もすべて、エネチェンジBizへご相談ください。

Q.「市場連動型」の電力プランで、電気代が高騰したというニュースを見ました。知らないうちに契約してしまわないか心配です。

電力プランのご契約前に、契約書をご確認ください。ご不安であれば直接電力会社にご確認いただいても良いかもしれません。ちなみにエネチェンジBizでご紹介するプランには、市場連動型は含まれておりません。

その他のよくあるご質問

自社の施設が高圧か低圧か分かりません

高圧か低圧か分からない場合でも、エネチェンジBizにお問い合わせいただければスタッフがお調べいたします。ただもしご自身でご確認いただける場合は、電気料金請求書の「契約種別」欄を確認してみてください。高圧の記載があれば高圧電力ですが、メニュー名は電力会社で様々のため契約種別をみても「高圧」という単語が記載されていないこともあります。その場合は、供給電圧が6kV以上かどうかを確認しましょう。6kV以上であれば高圧電力です。詳しくは「1分間でわかる!高圧電力と低圧電力の区分の違い、見分けのポイント」をご参照ください。

なぜ切り替えるだけで安くなるの?

「電力会社を変えるだけで何十%も安くなるなんて、逆に不安だ」というお声もよくいただきます。もちろん供給される電気の質はどの電力会社でも変わりません。ただ供給する電力の調達方法などが異なる、つまりコスト構造が異なるため、電力会社によって得意とするユーザー企業の特徴が変わってきます。ユーザー企業からすると、電力の使用状況(負荷率など)が変われば、最適な電力会社も変わる可能性が出てくるのです。

切り替え手続きが大変そう

「インフラ切り替えとなると、書類作業が膨大なのでは」というご不安もよくあります。ただエネチェンジBizで実際に切り替えた企業様からは、「あっという間だった」「思ったより簡単だった」というお声をいただきます。見積もりの取得から切り替え手続きまで一貫して支援しますのでご安心ください。

切り替えには工事が必要?

切り替えにあたり、基本的には工事の必要はありません。ただし、スマートメーターを現在ご利用でない方は、スマートメーターへの切り替え工事が必要となりますが、工事自体は非常に簡単なものになっているのでご安心下さい。

見積りの比較検討が難しそう

エネチェンジBizでは、電力会社ごとの電気代を簡単に横比較できる比較表をご提出しています。電気料金の単価で比較しているため、使用量にかかわらず、最も安い電力会社が一目で分かります。

どれくらいの期間で切り替え可能ですか?

契約する電力会社により異なりますが、最短2ヶ月で切り替えが可能です。

法人・高圧の
電気の切り替えは、
エネチェンジBizに
ご相談ください

複数の電力会社から
一括見積り

エネチェンジBizは約30社の電力会社と提携。複数社から一括で見積もりを取得。より多くのプランの中からご希望のものをお選びいただけます。

完全無料

手数料は一切いただきません。切り替えていただくと電力会社からエネチェンジBizにフィーが支払われるモデルのためです。

面倒な手続きは
エネチェンジBizがサポート

面倒な切り替え手続きだけでなく、ご質問・懸念点への回答も含め、エネチェンジBizが切り替え完了までサポートします。

すでに多くの高圧法人が
新電力に切り替え済みです

工場

三生医薬株式会社さま

三生医薬株式会社さま

ご利用者さまの声「思ってもいないような削減額の大きさでとても満足しています」

年間1700万円(10.8%)削減予定

工場

株式会社フォーネットさま

株式会社フォーネットさま

ご利用者さまの声「電力自由化や切り替えに関する疑問に丁寧に答えてもらいました」

年間437万円(6.4%)削減予定

工場

合資会社ベアードブルーイングさま

合資会社ベアードブルーイングさま

ご利用者さまの声「切り替え後の対応も手厚く、満足度も高いです」

年間230万円(17.8%)削減予定

物流センター

トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社さま

トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社さま

ご利用者さまの声「こんな簡単に電気代を削減できるのが不思議なくらいでした」

年間367万円(8.8%)削減予定

オフィスビル

株式会社エフ・ビー・エムさま

株式会社エフ・ビー・エムさま

ご利用者さまの声「説明が非常に丁寧で、分からないことにも真摯に答えてくれます」

年間707万円(11.6%)削減予定

オフィスビル

株式会社調布みつぎ不動産研究所さま

株式会社調布みつぎ不動産研究所さま

ご利用者さまの声「本当にメリットしかない切り替えでした」
 

年間250万円(7.2%)削減予定

オフィスビル

有限会社ミルキーウェイさま

有限会社ミルキーウェイさま

ご利用者さまの声「エネチェンジみたいなプロに相談しながら、一番良い選択をしていただきたいですね」

年間112万円(4.5%)削減予定

医療・介護施設

医療法人福島医院さま

医療法人福島医院さま

ご利用者さまの声「コスト、信頼の両面で安心してお任せできる会社を選択できました」

年間60万円(4.2%)削減予定

旅館

初潮旅館さま

初潮旅館さま

ご利用者さまの声「丁寧で細かい対応をしてくださったので本当に心強かったです」

年間40万円(12.6%)削減予定

運営企業について

「エネチェンジBiz」を運営する
ENECHANGE株式会社は、
2020年12月に東証マザーズに上場しました。
今後も皆さまのコスト削減に貢献して参ります。

会社名ENECHANGE株式会社
本社所在地〒100-0004 東京都千代田区大手町2-6-2日本ビル3F
設立2015年4月
役員代表取締役CEO 城口 洋平 代表取締役COO 有田 一平
事業ドメインエネルギープラットフォーム事業 エネルギーデータ事業
上場市場東京証券取引所マザーズ
証券コード4169

エネチェンジBizは法人向けの電力会社比較サービス。
厳選された約30社の新電力の中から
貴社のニーズにマッチした電力会社をご紹介します。
サービスはすべて無料ですので、まずはお試し感覚でご登録ください。